【第173話】菊一文殊四郎包永 - いまなか耳鼻咽喉科 院長ブログ

 2012年2月6日の開院以来、勤続10年を迎えた職員5名を表彰しました。
副賞として、スワロフスキーのネックレスなど5つの賞品の中から選べる目録にしたところ、たまたま全員が「菊一文殊四郎包永」の包丁を選びました。


 三徳包丁が2名、筋切り包丁が3名、いずれもダマスカス鋼です。
裏面には「京美」などと名前を刻んでもらえます。ちなみに全員、名前に「み」の文字が含まれていました。ところが、「夏油傑」と指定した者が1名いたようです。


 菊一文珠四郎包永は刀工集団の大和五派の中の1つである手掻派(てがいは)の流れを組んでいます。包永(かねなが)が開いた手掻派は名工の誉れとして日本全国各地に広がり、750年を超える歴史の中で長きに渡って非常に優れた日本刀を作り続けました。
菊一文珠四郎包永はその伝統を守り次世代に引き継ぐため、現在は刀鍛冶の技術を基に、プロの職人だけでなくご家庭でも使用して頂ける料理包丁や鋏、また爪切りなどの小物を販売しています。明治3年創業で、現在の若草山麓(奈良市)に店舗を移したのは明治22(1889)年のこと、平成9年にはニューヨーク店もオープンしています。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする