» 2016 » 10月のブログ記事

 

 毎日、ひたすら耳の穴と鼻の穴を覗いているだけの私ですが、先週末は、スケールがデカプリオでした。土曜日は日本耳鼻咽喉科漢方研究会で、発表に、質疑応答に4度も登場と、獅子奮迅の活躍、そして翌日の日曜日は、神戸学院大学のポートアイランドキャンパスで日本東洋医学会関西支部例会があり、早朝、羽田空港から神戸空港に飛行機で移動と、007のようなスーツ姿で、トムクルーズばりのアクションでした。 土曜日は私の耳鼻科漢方の師匠・稲葉博司先生の基調講演「 [.......]

 

「めまいに対する当院の漢方エキス製剤活用術」という演題をひっさげて、私にとっての「甲子園」、全国の耳鼻咽喉科医たちと漢方治療について熱い議論を交わせる研究会に乗り込んで来ました。有名な寺澤捷年先生の「めまい・平衡障害と漢方」の特別講演の後、めまいに関する一般演題が5題続き、会場は大いに盛り上がりました。参加者は、実に380名、懇親会も賑やかです。会長の將積日出夫教授(富山大学)と一緒に写って頂きました。今回、「漢方薬で治療効果のみられた [.......]

 

日本東洋医学会関西支部例会の夏の会合は、新大阪のニューオオサカホテル「レストラン・ベルビュー」で、行われました。平成30年に後山会長を筆頭にオール関西チームで主催する学術総会のことなどを相談しました。 けんけんがくがくの話合いのあとは、疲れを癒すべく、霊芝・ナツメ入りのフカヒレの姿煮込みや、熊の掌など、ものすごく体に良さそうな薬膳中華を頂きました。   ゴルフの師匠・奥田晃朗大先生のお隣に座らせて頂きました。その結果、フランク [.......]

 

 今年の夏、その父と長崎県・五島列島の福江島で、ゴルフをしました。私は肋骨が折れて、10日目だったので、思うようなプレーができず、大変、残念なことをしました。 父はとても元気に18ホールを休憩なしで、颯爽と回りました。 もちろん、一族で、ダイビングもしました。海の男は、潜る前はこのような厳しい表情をするものなのですね。夜は、福江島の海の幸を堪能することが出来ました。

 

 いまなか耳鼻咽喉科のホームページの『ごあいさつ』欄、院長の略歴を見て、父親がダイバーであることを訝しがる方が少なくありません。しかし、これは紛れも無い事実で、その父が今年、喜寿を迎えました。現在も現役で、ダイビングを続けておられます。この写真は、私が4歳の時のものです。 遊園地に連れて行ってもらった記憶はほとんどありません。   いつも、海や川や湖で、鍛えられて育ちました。   父は、本当に『元気』を絵に描いたよう [.......]