J:COMチャンネル (地デジ11ch)
街かどほっとらいん 」 という23分間のテレビ番組に 院長が出演します!
内容は、院長の最も得意とするスギ花粉症についてだったのですが、テレビカメラにおさまることに慣れていない院長が目線をどうしたら良いのかわからず、そわそわしながら語っています。ぜひ、ご笑覧ください。
3月5日から3月11日まで、14回ほど繰り返し放映される予定です。
satsueiprogram

実は、下記のごとく話したい内容は30枚のスライドに詳しくまとめていたのです。

1、花粉症の症状
2、花粉症の有病率の推移
3、年々花粉症患者が増える理由
4、花粉症を悪化させないための日常生活の心がけ
5、2014年のスギ・ヒノキの飛散予測
6、初期治療(花粉飛散の初期から抗アレルギー薬の内服を開始して、
     本格飛散期に悪化しないようにあらかじめ備える治療)の最新情報
7、よく効くとうわさのステロイドの筋肉注射の副作用
8、鼻のレーザー治療のメリット・デメリット
9、減感作治療のメリット・デメリット
10、花粉症に対する民間療法の効果の実際
11、花粉症に対する漢方治療という温故知新の新戦略

しかし、横並びに座って、きれいな藤井日菜子さんに矢継ぎ早にインタビューされるという日頃経験のないシチュエーションにとまどってしまい、よれよれになってしまいました。しかも、20分間収録し、使用されるのはたった5分だけとのこと、ますます心配です。特に言いたかったのは、もちろん花粉症の漢方治療についてなんですが、果たして伝わったかどうか。一応言いたかったことをここにまとめておきますので、ご一読下さい。

利点 
1、まったく眠くなりません。
2、意外にも、大変即効性があります。
3、抗炎症効果に優れているので、鼻づまりも解消できます。
4、ステロイド薬の内服や注射に頼らなくて済みます。
5、じっくり体質改善することも可能です。

欠点 
1、やや味が苦いです。(しかし、錠剤で処方できるものもあります)
2、売薬の小青竜湯の有効率は40%程度しかなく、やはり、医師の適切な判断に
     よる処方が必要です。
3、ところが、正確な漢方の知識を持った医師が意外と少ないのです。

追記(26/3/8): ディレクターの榮川さんの編集が素晴らしく、わかりやすくまとめられていました。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする